頭髪の抜け毛の原因

そこそこの頭髪が抜ける事は異常ではないのですが、一日の抜け毛が100本を越える場合は抜け毛の防止が必要です。

どんな人でも加齢と共に頭髪の抜け毛は増えます。

頭髪の抜け毛は、このヘアサイクルに変調をきたし、毛が抜けた後に新たな毛が生えてこない事によって起こります。

頭髪の抜け毛のきっかけは1つではなく、フケによる頭皮の炎症、毛根への血流不足や栄養不足、皮脂の過剰分泌による負担など、様々なきっかけによって抜け毛は現れてします。

現在の頭髪を維持したり、減らしたりすることのないように抜け毛を防ぐ事は意味合いのあることです。

両親ともに頭髪が薄いか、母親の頭髪が薄い場合、その下に産まれた男子はたいていの場合抜け毛体質です。

頭髪にはヘアサイクルという髪の一生があり、健康な髪は3年?6年程度で髪が生え、伸び、抜けるという循環を繰り返しています。

遺伝的な要因で抜け毛が起きているとしても、抜け毛の対策をしっかりと行っておくことで、抜け毛の速度を遅らせたり、実際の状態を維持する事は可能です。

頭髪がなぜ抜けているのかがわかりにくい時には、美容クリニックや専門家のカウンセリングを活用してみる手もあります。

抜け毛のきっかけは遺伝にも起因します。

抜け毛の対策を行う上で必須になるのは、自分の頭髪がなぜ抜けているのかを知ることです。

一方で、抜け毛を防ごうと対策を取っていた人としていなかった人には確実に差が出ます。

抜け毛の防止と食事

体の健康も考えれば、カロリー過多にならないような食事をする必要があります。

抜け毛対策として大切なのは、日々の食事を改善する事です。

タンパク質は質の良いものを、また糖類や脂質は適切な量をバランスよく摂るというのが抜け毛を防ぐ食生活の基礎となります。

食べるものが偏らないように配慮し、バランスのよい食事に気をつけることで、毛根が健康になり抜け毛が防げます。

もちろんのことですが、栄養分は食物から取り込んだものが基本となりますので、髪の栄養にならないような食事をしていては新しく髪が生えてきません。

しかし飲み過ぎは髪の成長を妨げ、抜け毛の原因にもなってしまいます。

塩分を多く含むような魚や揚げ物は量に注意し、ビタミン類を摂取することが大切です。

抜け毛を減らすには食生活を見直す事が必要ですが、ファーストフードやインスタントなどの食品を利用する人が多くなってきているようです。

こうした食品は手間がかかりませんが、野菜類が少なく動物性脂肪が多いというポイントがあり、髪のためにも体のためにもよくないのです。

抜け毛防止にはバランスのいい食事と、海草類でミネラルを摂取すること、野菜や果物で体全体の酸化を防ぐなどのアイデアが必要です。

毛根に送られる栄養分を元に、頭髪は作り出されます。

特に気をつけなければならないのは飲酒ですが、ほどほどであれば血行促進作用があるため、抜け毛を防止できます。